記事一覧

プロによる丁寧な回収

産業廃棄物

さいたま市は東京に近いことからベッドタウンとしても人気が高く人口が多い都市です。人口が多いことから一般廃棄物も大量に出てきます。そのため、一般廃棄物を回収してくれる業者も需要があり、増加中です。また、回収を依頼する顧客の要望も様々にあることから、色々なサービスを提供しています。

詳しく見る

産廃への責任

産業廃棄物

産業廃棄物を排出する際には、産廃マニフェストの発行が不可欠です。産廃マニフェストがあることで、最終処理業者までの産廃の流れを正確に追うことができるのです。産廃マニフェストの発行は、不法投棄を防止する企業の義務でもあります。

詳しく見る

ガレキとその選別

ガレキ

解体工事を行う場合にはガレキが発生するが、そのガレキを廃棄する前には選別する必要がある。ガレキ選別では通常は、ガレキ選別機械が用いられる。ガレキ選別機械では、現場により大きさや処理能力などが活用時のポイントとなる。

詳しく見る

人口とゴミは比例する

産業廃棄物

さいたま市は東京近郊な土地なので、これからも首都圏のベッドタウンとして発展し続けるでしょう。人口が増えればそれだけ一般廃棄物の量も増えるので、きちんと処理と処分することが必要です。住民全てが努力することで、快適な暮らしが実現可能となります。

詳しく見る

専門業者に依頼する

産業廃棄物

産業廃棄物の処理は専門業者が行います。最寄りで対応してくれる業者はどこか、調べておきましょう。特に企業の引っ越しなどでは大量に産業廃棄物が出ることがあるので、事前に調べておいた方が無難です。引き取りに来てくれることもあります。

詳しく見る

リサイクル可能かどうか

ガレキ

解体の方法で変わる

神奈川だけでなく、全国を見るといろんなビルが建っていて、解体工事を行なっている光景を見ることもあるでしょう。解体工事を行な業者も全国各地にいて、安全性を重視して解体が徐々に行われていきます。しかし、ビルなどの建物、住宅などを解体してもらうと、当然ながらがれきが山のように積みあがります。こういった瓦礫はまた別の専門業者に依頼をすれば持って行ってもらえるので、解体工事をするときは前もって依頼をしておく必要があります。その後更地にして、新たな建物を建てたり、駐車場などとして利用するなどを考えます。この時ただがれきとして扱われるのではなく、ガレキ選別をしてもらうと良いかもしれません。すべてゴミのように見えても、リサイクルできるものがあるかもしれません。鉄筋の建物であれば、コンクリートなどは再利用が難しい時もあります。一方で金属は再利用が可能です。溶かして新たに精錬すれば新しい素材として使えるようになります。がれきを処分してくれる業者の中にはガレキ選別をしてくれるところもあるので、細かく行ってくれるところを選ぶと良いでしょう。住宅ではあまりコンクリートなどは出てきません。こちらでも金属などがあれば再利用が可能になります。一部木材なども再利用されるときがあります。ガレキ選別を行う上では、いかに解体されるかがポイントになります。ガラスは割れるといろいろながれきに混ざってしまって分別するのが難しくなります。一方ガラス窓の状態であれば、傷が入っていてもガラスとして再利用できる可能性があります。ガレキ選別がしやすくなる解体方法を採ってくれるかどうかも問題になります。早く解体してもらうと細かい方法での解体が難しいですが、時間をかければ後で選別しやすいようにできるかもしれません。