記事一覧

人口とゴミは比例する

産業廃棄物

快適な街つくり

埼玉県にあるさいたま市は、東京から約20キロメートルという近距離にあることから、首都圏のベッドタウンとしての役目をもっているのです。そのため130万人前後の人口を有しており、経済的にも基盤が確りしているのでこれからも益々人口の増加が見込まれています。人口が多いということは、それだけゴミの量も増えていくことになりさいたま市では一般廃棄物も増加傾向があるのです。一般廃棄物とは業者が出す産業廃棄物とは違い危険性がないので、特殊な処理を必要とはしない廃棄物のことを指します。さいたま市の処理施設で処理ができない一般廃棄物を、適正処理困難物として扱い業者に委託して処分することを推奨しているのです。この一般廃棄物に相応するのが、オイルヒーターや流し台そして耐火金庫などが例としてあげられております。人口が増えればそれだけ税収が増えるので、さいたま市を支える経済の基盤はより強固になりますが、処理しなければいけない一般廃棄物も増えてしまいます。誰もが快適に暮らす住みよい街を形成するには、経済的に豊かなだけでは駄目であるのは誰もが理解していることです。互いに気持ちよく暮らすためには、不法投棄という安易な方法に陥らないように一般廃棄物を引き受けてくれる業者に依頼しましょう。もちろん費用はかかってしまいますが、それが人口の多い都市で暮らすためのルールならば守ることが必須です。快適な街づくりには、住む人が互いに努力を重ねることで理想的な可能になるのではないでしょうか。