記事一覧

産廃への責任

産業廃棄物

産廃マニフェストの重要性

現在、事業系のゴミの殆どは、産業廃棄物として扱われます。自治体が回収する家庭用生活ゴミについては無料で回収が行われますが、産業廃棄物処理には費用が掛かります。産業廃棄物は、内容が生活ゴミと変わりない物であっても、専門の処理業者に委託することが殆どです。産業廃棄物を排出する企業は、最終的な処理まで責任を負うことが義務付けられています。従って、産廃処理を委託する場合は、管理伝票としての産業廃棄物マニフェストの発行が不可欠になります。産廃マニフェストがあることで、最終的な処分実績までを追うことができるのです。産廃マニフェストの流れとしては、排出業者が収集運搬業者に対して発行することから始まります。収集運搬業者は中間処理業者へ、中間処理業者は更にその先の運搬業者、最終処分業者へのマニフェスト分票を渡し、分票を受けた業者は、産廃の扱いの内容を記入して排出業者に返送する仕組みとなります。マニフェスト伝票があることで、不法投棄が防げ、企業責任を果たせることになるのです。産廃マニフェスト伝票は、産廃の種類によって少しずつ異なります。産廃マニフェスト伝票を扱う会社に問い合わせれば、業務内容に適した伝票を用意してくれます。また、伝票販売会社のホームページにアクセスすれば、記入例も載っているので、大いに参考になります。産業廃棄物の適正な処理を行うためにも、産廃マニフェストのことは、しっかり頭に入れておくことが大切です。