記事一覧

ガレキとその選別

ガレキ

機械の活用について

解体工事を行った場合、ガレキが発生する。これらのガレキについては、適切に選別した上で廃棄する必要がある。業者によっては、様々なものが混在したガレキを引き取ってもらえる業者もあるが、選別された状態で引き取ってもらうよりも多くの費用が掛かることが一般的である。解体工事などで発生するガレキでは通常は様々なものが混在しており、ガレキ選別に大きな手間とコストがかかる可能性が有る。これらのことから、ガレキ選別においては専用のガレキ選別機械を用いて選別していることが通常である。ガレキ選別の機械では、様々なものが混在したガレキを機械に流し込むことで選別した状態で出してもらうことができる。大きさによる選別や金属とそれ以外などの選別が行われる。ガレキ選別機械では、製品により大きさや能力が大きく異なるケースがある。狭い場所での選別においては小型の機器を活用することが最適であるが、大規模な現場などでは大きなベルトコンベアーを用いて選別する機械などもある。また、ガレキ選別の機械では購入の他、リースで借り入れて利用するケースもある。これらの選別機械は、解体作業時など一時的に必要となることが多い。また、大型の機器自体を購入するとその機器の保管や維持管理なども含めて考慮する必要性が出る。これらのことからガレキ選別の機械を活用する際にはそのサイズや処理能力、購入するかリースとするかなどを検討した上で活用することが最適である。